かなり、凄いコト

縁あって、去る5月17日、高校の先輩である、山名先輩と昼食をご一緒することができた。

この出来事は、普通に日々私たちが生活している環境では、ほぼ0%に等しい。

何故かというと、かなり大きな企業の社長さんだからである。

企業としては、次元の違うレベル。ただ、経営者としての考え方を聞きたかった。

抽象的な質問から、私(自社)が抱えている悩みなど、ストレートに質問した。

私に理解できる内容に置き換えて、気さくに、わかりやすく、一つ一つ丁寧に、お応えいただいた。

この時間、かなり、凄いコト、じゃない? と、

俯瞰で誰かが囁いているような、感覚!!

 

人は皆、平等に、縁(チャンス)が巡り巡っている。

でも、普段から感度を高くしておかないと、その縁(チャンス)を見過ごしてしまうようだ。

 

この縁から、枝葉のように広がっていく枝に、しっかりと絡みつく準備は、完了した。

高校の先輩である山名さん(中)と荒井純一さん(左)